栗原石材スタッフブログ

墓石、石材販売の栗原石材 ホーム > 栗原石材スタッフブログ

インドの御影石 Y-1の洋型碑

投稿日: 2019/05/21カテゴリー:栗原石材スタッフブログ

こんにちは! 栗原石材です(^^) 本日は、既にお持ちのお墓のスペースにお石塔を建立させていただきましたので、ご紹介いたします。 完成予想図はこちら

レオーネ-003

 

 

お話しさせていただいた当時は、このような色味の石種でご検討していただきました。 こちらの図面から新しくお塔婆立を追加させていただき、 完成したものがこちらです! IMG_2264

 

 

右側の塔婆立も一緒に収めさせていただきました。

IMG_2267

 

 

一本立塔婆立です。スペースが余りないような墓所でも建てられますよ! お石塔で使用した石種は、インド産のY-1という石種です。 私自身大好きな石種なので良く使用させていただきますが、やはりとても綺麗! とても硬い石だけあって、輝きが違いますね!

 

IMG_2269

 

 

お値段ははりますが、それだけの価値はある石種だと思っています。 サンプルのお石塔もお店にありますので、実物をご覧になりたい方はお問合せくださいね(^^)

純国産墓石

投稿日: 2019/01/22カテゴリー:栗原石材スタッフブログ

こんにちは! 栗原石材です(^^)

大寒も過ぎ、寒い日が続いておりますね。

昨日まで、福島県の方に石を見に行っていたのですが、あちらは雪も降っておりました。温度も5度くらい低かったでしょうか。水戸に戻ってきたら少し暖かく感じました。

ただいま弊社工場にて、国産材でお石塔を作らさせていただいております。

完成予想図面はこちら

泥画像

 

昔ながらの和型碑で、お石塔は8寸角の大きさです。(一番上の竿石の幅が約24㎝)

使用石種は、伊達冠石。泥かぶりとも呼ばれています。

日本の宮城県で採れる石で、年をとるにしたがって茶色く変色していくことが特徴の石です。

お墓などに行った際、ぐるーっとまわりを見渡して茶色いなーって石があれば、それは伊達冠石です。

国産が主だった昔はとてもよく使っていた石種なのですが、今では採掘が困難になってきており価格が高騰し、なかなか簡単に使える石種ではなくなってしまいました。

もちろん茶色く変色した色も綺麗なのですが、切削し磨いた直後は何ともいえない石目と風合いを出すとても魅力的な石種ではあります。

そんな伊達冠石を使い、今回は8寸角の和型碑を弊社工場にて自社加工しております。

P1220212

こちらは、上台。切出亀腹加工。

P1220213

こちらは香炉。

こんな役物も1つ1つ丁寧に工場で作り上げていきます。

まだ完成しておりませんが、一生懸命、心を込めてお作りさせていただきます。

顕彰碑建立のお手伝い

投稿日: 2019/01/10カテゴリー:栗原石材スタッフブログ

こんにちは! 栗原石材です(^^)

前回のブログでご紹介させていただいた『大型の石碑』を建立させていただいたのでご紹介させてください!

IMG_3282

こちら 文字彫刻前の姿です。

この石碑が何かといいますと、『顕彰碑』になります。

顕彰碑とは、個人の功績や行いなどを称えて、広く世間に知っていただく為に建てられる石碑のことです。

今回の顕彰碑は、書家の先生からのご依頼でしたので、先生に書いていただいた原稿をそのまま刻字させていただきました。

IMG_0099

土台部分には、弊社で墓石を建立するときにも使用しております『耐震ゲル』と、ステンレス製の芯棒も入れて、かなり強力な接着方法で施工しております。

IMG_0096

石碑部分も、事前に工場でシュミレーションを行っていたおかげで、すんなり持ち上がりお納めできました。さすがにとても重かった・・・

IMG_0363

無事建立できました!

大きくてとっても立派です!!

こちらの顕彰碑は、インドの御影石を使用しました。真っ黒ではないですが、硬度も艶持ちも大変良い石です。

土台部分と石碑の裏側部分は、自然風な仕上のコブ出し加工で仕上げました。こちらも味があって良い感じです。

IMG_0365

お客様にも、自分で書いた文字が石に彫刻することでここまで再現できるとは思わなかった とお褒めの言葉も頂戴いたしました。有り難うございました。

栗原石材として、また一つ永代残る素晴らしい経験をさせていただきました。

この度は、誠に有り難うございました。

シュミレーション!

投稿日: 2018/11/20カテゴリー:栗原石材スタッフブログ

こんにちは。栗原石材です(^^)

今日は、工場にて着々と準備が進行している「とある石」のお試し建立を行いました。

横たわっていた石を、クレーンを使って起こしていきます。

こちらの石は、高さ2m越え

重さは、2トンくらいあるでしょうか?

起こすだけでかなりの神経を使います。

実際現場で行う際は、トラックについているクレーンで行うため、現場で順調に石を建立できるよう、こういう石を扱う際は、前もって工場でシュミレーションしておきます。

IMG_0027

無事、起こすことができました!

隣のビール箱と比べてもこの大きさ!!

こちらの石は「裏面」ですが、「表面」は全く違う姿です(^^)

また次回、建立し終わったころにお披露目したいと思います!

お楽しみに~

小学生の職場体験学習

投稿日: 2018/11/13カテゴリー:栗原石材スタッフブログ

こんにちは! 栗原石材です(^^)

先日(更新遅れたせいで季節が変わってますが。。)

近くの小学校の学生さんが、『地域の町たんけん』ということで職場体験に来てくれました!

そのときの様子を紹介させてください。

私自身、小学生さんに石屋さんのことについてお話しするのが初めてだったので、

どういう話をしよう。どうしたら思い出に残るかな。と考えに考えて、

会社の工場を見てもらおう!!という結論に至りました。

私も中学校の職場体験で実家の石屋を職場体験しまして(笑)実家とはいえその時のことはよく覚えています。簡単にクレーンを操作させてもらったり、大きい機械を見たり。

今でこそ毎日いる場所ではありますが、その時の工場の雰囲気はとても印象に残っております。

そんなこんなで当日。

PB072325

どうやって石がとれるの?

どういう過程でお墓の形になるの?

この機械は何に使うの?

石の値段は?

他にもたくさーーん質問をしてくれました。

中には、むむむ?と考えさせるような質問もあったり。

PB072399

実際、石を加工するときに使う道具を見てもらったり、字を彫る機械や、現場で良く使う道具を手にとってみてもらいました。

みんな道具にも仕事内容にもたくさん興味を持ってくれて

大きい声で一生懸命質問したり、丁寧にノートに書き写してくれていました。

PB072439

来てくれた小学生のみんな

貴重な体験をどうもありがとうございました。

石屋さんの仕事についてなんとなく理解するとこはできたかな?

また遊びにきてくださいね!

いつかいっしょに働ける日がくるかも!?

IMG_5405

後日、お手紙もいただいちゃいました!

これはうれしい。。。

 

TEL:0120-148-985

お問い合せフォーム

このページの先頭へ